PSO2とプレイ日記をのんびり書いてます。チームメンバーが書くことも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

12.初めてのクライアントオーダー (双子の星に照らされて)

双子の星に、照らされて
12幕 初めてのクライアントオーダー


「……そんなわけで、私たちパティエンティアに、
 クライアントオーダーが入っています」

まるで何事もなかったかのようにティアが端末を見ながら話す。
綺麗なもみじを咲かせたセイは頬を押さえながら聞き返す。

「クライアントオーダー?」

「そう、アークスに対する依頼だよ。
 私たちもただ調査のためだけに未開の惑星へ行くわけじゃないから。
 依頼人は料理人からオラクル協議会まで千差万別」

ティアの言葉に、パティはにひひと笑う。

「勿論、報酬も出るからね~。
 知名度が上がればそれこそ六芒均衡からも……」

「「ないない」」

チームメンバーの声がはもる。

「それで今回の依頼ってのは?」

「んっとね、研究員の人からなんだけど……」

ティアが端末からデータを二人に転送する。

エメライン



「熱波の観察……」

「えーなんか地味だなあ。
 ティア、もっと報酬がいいのとかなかったの?」

「パティちゃん。
 チームマスターなら自分のチームの実績くらいは
 きちんと確認してから発言しようね」

「ほら、アタシたちも人数も増えたことだし……」

「私たちにはこれくらいでいいの。
 セイだってアークスとして初めてなんだから」

ぶーたれる大雑把な姉と、諭すしっかり者の妹。
これだけ見ていると、
先ほどまでお腹を出して寝ていたのが誰だかわからなくなる。

「セイ、何か言いたいことがある?」

ギロッと睨んでくるティアにセイは首を振って

「いや……その、惑星アムドゥスキアって、
 どんなところなのかなって」

とりあえず話を逸らした。

パティが嫌そうな顔をする。

「とにかくね、すっごく熱いところなんだよね!
 もーフォトンの防護服がないといるだけで火傷するくらい」

そして人差し指を立てて、

「あとね、知能が高い龍族たちが暮らしているんだけど、
 なんか最近は話も通じなくて問答無用で襲ってくる場合もあるの。
 その原因はダーカーなんじゃないかって言われてるの!」

「へー、詳しいな」

「ふふん、先輩アークスだからね。凄いでしょ?」

「まあ、パティちゃんも私も、アムドゥスキアは行った事ないんだけどね。
 いつも通り、人から聞いたことを左から右へ流してるだけ」

「ちょっと、ティア!」

「え、パティちゃん何するの!」

そうして姉妹はきゃーきゃー騒いで喧嘩を始めた。

セイはその二人を横目に惑星アムドゥスキアのことを端末で情報を閲覧する。
気候や原生生物、調査がどれだけ進んでいるかに目を通して

――ここ数ヶ月でダーカーによる侵食が確認されている。

最後の一文に、右腕がうずいた気がした。



 
SHIP4で活動中のチーム「Perch」の求人内容はこちら

パティ&ティアがヒロインの物語「双子の星に、照らされて」はこちら

PSO2サポータズリンクのページはこちら。
(気が向いたら当サイト 止まり木の詩 に投票してやってください。)


スポンサーサイト

双子の星に、照らされて | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<とりあえずアドバンスしてみている今日この頃 | ホーム | 本日のハイライト>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。