PSO2とプレイ日記をのんびり書いてます。チームメンバーが書くことも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

8.アークスに (双子の星に照らされて)

双子の星に、照らされて
8幕 アークスに


意識が少しずつはっきりしてくる。

「セイっ!」

自分を呼ぶ悲痛な叫び声が頭に響き渡る。
あまりの音量に顔をしかめる。
右腕を伸ばして、うめくように声を落としてくれと呟く。

けれどきちんと伝わらなかったのか、
声の主……パティだろう、ますます声を荒げる。

「セイっ! しっかりして!」

がんがん響く声に、意識は完全に覚醒した。

「頼むから、声を落としてくれ……鼓膜が破れる」

今度はきちんと声が出た。
すると何故か吐息のかかるほどの距離にあった彼女の顔が
一瞬、きょとんとしたあとすぐに真っ赤になって

「ばか!」

思い切りを頬を殴られた。

「ってぇ!」

さすがに起きた瞬間に殴られるとは誰が想像できただろうか。
文句を言おうとするが、

「無事、なんだよね?」

パティの本気で心配そうにしている表情に頷くだけにした。
体を起こすと見回す。
どうやら自分はメディカルルームのベッドに寝かされていたらしい。

「どこか体に違和感や痛みところはありませんか?」

尋ねてきたのはナース服の女性。
大人びたやわらかい物腰で、優しく問いかけてくる。

「えっと……。右腕が少しだけ痛みます」

そう言ってから、頬に手を当てる

「さっき殴られたここが一番痛みます」

「セイっ!」

ナースは苦笑した。

「それだけ彼女はあなたのことを心配していたのですよ。
 勿論、それはあの子も同じです」

視線を追うと、そこには

「……良かった」

ぼろぼろと涙を流しながら、床に座り込む少女。

「ティア……」

普段は落ち着いてる少女のその姿に、
心配をかけてしまったのだと改めて思った。

「ふふっ、貴様たちは面白いな」

「……ん?」

それはロックベアとの戦いの最後に聞いた少女の声。

「どうなるかと思ったが、結果オーライということだ」

随分と偉そうで上から目線で、けれどそれが不思議と板についている。
ウィオラキャップをかぶった、淡い赤色の髪を持つ少女。
全体的に朱色で統一されているその姿は、まるで炎のよう。
けれどまあ、身長はパティやティアよりも小さいし、どう見ても……

「……子供?」

ドカッ!

呟いたセイの右腕が目にも留まらない勢いで、杖で殴られた。

「いって! いきなり何しやがる!」

「セイ! この人は……」

思わず殴り返そうとしたセイをパティが押しとどめる。
少女はそんなセイの様子を静かな目で見て「ふむ」と呟く。

「フィリア。こいつに怪我の症状を伝えてやれ」

「あっ、はい」

ナースは頷く。

「あなたは右腕にダーカーの汚染を受けて意識を失いました。
 幸いにも『軽度な』汚染だったため、治療して今に至ります」

軽度な、というところを彼女は強調した。

「右腕に巻いた包帯はフォトンを活性化させた特別製です。
 少し窮屈かもしれませんが治療のためにも絶対はずさないでください。
 週に一回の検診の時に新しいのに変えますから」

セイが何かを質問するのを拒むかのように彼女は早口で告げる。

「今回は無事で済みましたが、しかしダーカーに汚染されたのは事実です。
 余計な心配をされては困るので、あまり言いふらしてはいけませんよ」

それだけ説明して、彼女は不遜な少女に視線で問いかける。

「そういうことだ」

少女は満足そうにニヤリと笑った。

「喜べ、セイ=ミズラ。
 貴様のダーカーおよび侵食された原生生物との戦いが評価された。
 よって貴様はアークスとして認められることになったぞ」

「えっ……修了任務、あれで合格なのか?」

「そうだと言ってる。晴れて貴様は名誉あるアークスの一員となった」

もう合格とかは無理だと思っていただけに、セイは嬉しくなる。
だが少女は「ただし」と言葉を続けた。

「貴様が勝手に単独行動を取ったのは事実だ。
 それが命取りになる可能性があるというのはわかっただろう?」

心配そうなパティと、泣いているティアを見る。

「今後はしばらくチーム『パティエンティア』と行動を共にしろ。
 これは決定事項だ。守れなければアークスとしての資格は失うぞ」

「えっ!?」

驚いたのは姉妹だった。
セイはてっきり本人たちの了承済みなのかと思ったが違うらしい。

「問題はないだろう?」

「えっ、その……うん」

パティが少女の問いかけに、しぶしぶ頷く。

「さて、私は優しいからな
 先輩からの新米アークスへの餞別だ。
 セイ=ミズラ、受け取れ!」

彼女が何かを放り投げてきた。
慌ててキャッチすると、それは拳より少し大きい球体。

「マグを支給する。
 貴様を守る力となると同時に、アークスとして相応しいか観測する。
 ふっふっふっ、至らないと判断したらすぐ資格を剥奪だぞ?」

「いちいち、一言多いな」

意地悪そうに笑って、少女はメディカルルームから出て行った。

「なんなんだ……あいつ」

フィリアのまくしたてるような説明、
偉そうな少女の一方的な通知。
そして必死に自分の名前を呼んでいたパティと、
床に座りこんで泣いているティア。

自分が意識のない間に、一体、どんな話がされていたのだろう。

何気なく右腕を見る。

包帯に巻かれて全く肌が見えない。

腕が、少しうずいた気がした。

フィリア
スポンサーサイト

双子の星に、照らされて | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ついに100ヒット! | ホーム | 俺の名前はラヴ・ラッピー>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。