PSO2とプレイ日記をのんびり書いてます。チームメンバーが書くことも

6.戦うということ (双子の星に照らされて)

双子の星に、照らされて
6幕 戦うということ

セイは「どうする?」と先輩アークスたちに視線で問いかける。
パティは」無理無理」とぶんぶんと首を振って答える。
半眼になる研修生とか弱い乙女アピールをする自称NO1情報屋アークス。

「でも……」

口を開いたのはティアだった。
彼女は指を指す。
ロックベアの肩から鮮血のように忌々しい赤い粒子を放つ侵食核を。

「あれさえなくなってしまえばいいんだよね?」

言うのは簡単だ。
けれどあの巨体の肩にある侵食核を攻撃するのは中々に難しい。

「私が注意を引き付けるから……」

妹の言葉に、姉は一瞬驚いたがすぐに頷く。

「アタシが動きを止める!」

そして姉妹のアークスは研修生に決意の篭った瞳を向ける。
それを見て、セイは

――ああ、彼女たちはやっぱり先輩のアークスなんだな。

そう思えた。
アークス研修生として今まで何度か実地任務を行ったこともあるけれど、
自分が何もわかっていなかったと痛感する。
フォトンの感能力の高い自分は戦うことでは
他の研修生の中でも優秀な部類に含まれている。
ただ思うように戦えば結果がついてきた。
それが戦うことだと、ついさっきまでは思っていた。

だけど……戦うということ、それは命がけのモノなのだ。

「任せろ! 俺が侵食核を潰す!」

彼女たちはまだひよっこの自分を信じてくれている。
ならば、応えるだけだ。

ォォォォォ!

ダーカーに侵されたロックベアが吼える。
パティは左に、セイは右に散開した。

「いくよ……!」

ティアがローザクレインを取り出す、フォトンを収束させる。
明るい赤い光が彼女を包む。

彼女が発動させようとしているのは炎のテクニック。
ナベリウスに生息する原生生物たちは総じて炎を嫌う。
侵食核に憑かれたロックベアも考えることもなく
「あれは自分に害を成すモノ」と直感していた。
威嚇しながらゆっくりとした歩みでティアへと迫る。

「……ギ・フォイエ!」

フォトンを収束させ起爆し、任意の場所を爆発させる中級テクニック。
突如として顔面に炎の爆発が生まれたことで獣は仰け反り、
そして炎は剛毛に燃え移り体を燃やしていく。

「フォイエ! フォイエ!」

追い討ちするように連続で炎の玉を射出する。
それでも歩みを止めないロックベアは左腕を薙ぎ払おうとするが……

「これでどう!」

左手側から飛来したワイヤードアーチが絡みつく。
ロックベアは力任せに引っ張ってちぎろうとするが……

「ふふんっ! できっこないよ!」

ワイヤーの持ち手は巨大な大木の幹にくくりつけられていた。
宇宙船のワイヤーフックにも使われているワイヤーの強度は、
「たかが巨大なクマ程度」で引き千切れるはずがない。

「パティちゃん、ありがとう!」

ティアがミラージュエスケープで後方に逃げようとする。
けれど、慌てていたためか

「あっ……」

後ろにあった岩に躓く。
その隙を逃さなかったロックベアが残った右腕ですかさずティアを掴む。

「ティア!」

悲痛なパティの声。

「ぅぅ……」

握りつぶさんとばかり力に、苦しそうな声をあげるが、

「今……だから!」

ロックベアは今は左腕は拘束されて、右腕を降ろしてティアを捕まえている。
動きは完全に止まっていた。

「本命は俺なんだよ!」

飛び出したセイが右腕の上を駆け上がり、侵食核のところまで辿り着く。

「……これが、侵食核」

赤い、本能的な嫌悪感を覚える存在。

「……!」

ここまで来たらもう全力で技を叩き込むだけだ。
セイはチャージをして、己の全てを槍に込めた。

「アサルトバスター!」

体ごと押し込む勢いで右手に持った槍を突っ込む。

ォォォォォォォ!

矛先が突き刺さった瞬間にロックベアが吼える。
それは断末魔の叫び。
これで決まったとセイは確信したが……

「なっ!」

突き刺した槍が止まらず、そのまま侵食核の中に沈んでいく。
まるで沼に突き刺したかのように、どこまでも。
慌てて引き戻そうとするが、勢いが止まらずに槍を持った右腕が沈む。
結果として、二の腕近くまでロックベアの体にめり込んでしまった。

「うわああああ!」

指先から不快かな感覚が這い上がってくる。
そして氷付けになるように冷たい感覚、まるで自分のものでなくなるような。
まるでダーカーに喰われているかのようだ。

本能的に、危険な状態なのは確信してしまう。
けれど、抜こうにもぴくりとも動かない。

「セイ!」
「逃げて!」

悲痛な姉妹の声、けれどどうしようもなかった。
体を蝕んでいくノイズに、セイが意識を手放す瞬間――

「やれやれ……詰めが甘いな!」

見知らぬ少女の声を聞いた気がした。

ローザクレイン

グレイブ
スポンサーサイト

双子の星に、照らされて | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<7.双子の星 (双子の星に照らされて) | ホーム | PSO2サポーターズリンクに受理されました>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |